2010年09月26日

2007年5月 青葉山例会

青葉山例会報告(5月13日)
                               報告者 ゴリ




今回のCLの花博士さんと伊豆の天城山を計画していたのですが、花博士さんが12日の土曜日に仕事が入ったため、13日に何か例会をすることにしました。12日に足立さんの六甲の例会があったため、それと違うタイプの例会にしようということになりました。そこで、私は関西の山の本を調べ、百里ヶ岳、綿向山、氷ノ山、青葉山を花博士さんに提案すると、花博士さんが氷ノ山と青葉山になり絞り、最終的に青葉山になりました。青葉山は、東峰と西峰があるにも関わらず、若狭富士と言われ、写真をみると凄く感じでした。
13日は梅田の中央郵便局に8時に集合でした。7時50分ぐらいに大阪駅をぶらぶらしていると早いのに立山黒部アルペンルートなどのツアー客で結構ごった返していました。立山黒部アルペンルートはシーズンだし、人気があるのだなと思いました。そして、郵便局の前に行ってみると、例会参加者のフレンドさん、ウォーターフォールフィールドさん、グッドバンブーさんと他の人とは離れたところに花博士さんがすでに来ていました。そして、すぐに花博士さんの車に乗車して出発。私はデカイので車の前です。高速に乗るまで少し迷いましたが、順調に向いました。車の中では夏のアルプスの話とか花博士さんが持っていた全国の秘湯??の本を見ながら、マニアな話に盛り上がりました。その時に花博士さんが今日の朝、8月の第1週に裏銀座から湯俣温泉に行く例会を出したと言っていました。温泉博士、行動も早いですね。その後、高速の西紀サービスエリアで休憩しました。観光バスがいっぱいで混んでいましたが、トイレに行っている間に何処かに行ってしまいした。このサービスエリアは、焼き立てパンの店があったので、男性陣はパンを購入、朝食べたのに車でみんな朝食タイムでした。高速を降り、花博士さんが昼食を買っていないというので、コンビニへ。花博士原さんはさっきパンを食べたのに、さらにちくわを食べていました。10時過ぎに迷いながら、地元の親切な方々に道を聞きながら、登山口へ到着。停めるところがなかったのですが、近くで農作業をしていた方々が親切に車を停める所を貸してくれました。歩き始めると5月だというのにめちゃめちゃ暑く、汗がだらだらで大変でした。さらに登山道に木が転がっていたりしてかわすのに一苦労でした。40分ぐらい歩いたら展望台に着きました。ここからは若狭湾や高浜が綺麗に見えました。海も透明で底まで見えます。そんな景色の綺麗さに下山したら海の幸だねと盛り上がりました。またしばらく歩くと、今度は大きな岩があってその上からは京都の山々が綺麗に見えました。さらに登り、12時ちょうどに東峰に到着。しかし、ここからはあまり景色が見えなかったので、景色が素晴らしいと言われる西峰を目指しました。西峰と東峰の間は、梯子、ロープなどありなかなかスリリングでした。また、登山道にはイカリソウ、終わりかけのイワカガミが咲いており、花博士の花講座を聞くことが出来ました。そして、12時半に東峰に到着しました。ここからの眺めは素晴らしく京都の山々、さらに若狭湾の入り江が見えました。

07-05-13_12-29~00.jpg

特に若狭湾の方は青葉山が海のそばにあるためか凄く良かったです。すごく綺麗だったので、またまた下山したら海の幸を食べようと盛り上がりました。西峰で昼食を取り食べましたが、その時、花博士さんは登山前のちくわに続いて揚げ天を食べており、水筒にはアルコールが入っていそうな感じでした。1時ぐらいに下山を開始し、2時くらいには登山口の近くに着いたのですが、縦走してきたので車まで戻らないといけません。ワイルドな藤原さんはどんどん適当に進みます。適当に歩いていると意外にスムーズに車のところまで戻ることが出来ました。

07-05-13_14-28.jpg

その後、温泉に入るため、舞鶴を目指しました。途中、たまたま海上自衛隊の基地の前を通ると、戦艦が何隻も泊っていたので皆さんそれを見て感動していました。そして、しばらくマニアックな戦艦話に花を咲かせました。そうこうしているうちに温泉に着いたのですが、なんとその温泉は美人の湯でした。皆さん、名前に惹かれていました。入浴後、肌がツルツルになったのですが、フレンドさんとウォータフォールフィールドさんはあと1時間必要や〜とか言っていました。
車に乗り、大阪駅に向けて、出発したのですが、高速に2回に乗り損ない、一般道で帰りました。途中、道の駅、夕食を食べるためにサンゼリア寄り、大阪駅に帰りました。サンゼリアでは例会報告じゃんけんをしたのですが、一瞬で負けてしまい、ただいま例会報告を書いています。やっと終わりです。皆さんお疲れ様でした。
ラベル:2007年 登山
posted by Zen at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。