2010年09月26日

サンドイッチバイキング 2006年5月

週間予報とはうって変わり、前日の大雨(←これが後の波乱の原因となるのですが)も上がり、初夏の晴天に恵まれた日曜日、集合場所の新神戸駅に20名集まったメンバーの中には、ケ−キ屋さん、ずえさんの顔も。CL以外にも食のプロがいるとは何と心強い、と思いながら、大量の食材を分担し、いざ出発。
やや暑いながらも、ファミリー向けコースののんびりお気楽グルメハイクとなるはず……が、この後とんでもない事態になろうとは、今回のメンバーでは恐らく誰一人予想していなかったでしょう。
久々の水で一杯にたたえた布引ダム(工事中で干上がった状態しかしばらく見ていなかった)を通り、市ケ原を抜け、核心部のトゥエンティクロスへ。しかし、初見の私が見てもどうも様子がおかしい、明らかに水の量が多い。やはり、昨日の雨の影響は予想以上のものになってしまっていました。最初の沢は、何とか靴を履いたままでも渉れましたたが(それでも転倒して濡れねずみになってしまった人も)、2番目の沢は、もはや靴を脱がないと渉れない状態でした。お気楽グルメハイクは、一転アドベンチャーハイクとなってしまったのでした。唯一救いだったのは、裸足を足に浸すことで火照った身体をcool down出来たことでした。
CLの偵察の結果(お疲れ様でした。)、当初の予定の森林植物園まで行くことは断念し、途中の学習の森で、本来のメインイベントのサンドイッチバイキングに。
沢山すぎて覚えきれないほどの具材(というよりか、報告を書いているのが、○ヵ月後なので、どんな食材があったか忘れてしまっているのです…(謝))の組み合わせを考えるのは、先ほどのアドベンチャーな行程で疲れた身には、結構疲れました(というのは筆者だけ?)。なお、CLから画像掲示板用の写真の依頼がありましたが、電池が切れかけてしまい、到底upできるような写真ではなくなってしまいました。申し訳ないです(写真は、Sさんが例のヴィンテージなポラで撮影&掲示板にupしてくれたので有難かったです。)。
帰りは大師道を下り、再度公園で休憩。ここで「本日の食材ビンゴ」で例会報告担当者を決定することとなり、報告者は見事筆者に。そういえば、2005年1月の大師道例会(朝粥+うどん+ぜんざいの満腹例会)の時も例会報告があたってしまったような… 大師道+グルメは相性が悪いのか??←ひとりごと 金星台から夕陽に染まる神戸を眺めたあと、兵庫県庁前で解散となりました。
 今回の例会は、本題以上に自然の脅威(大げさ?)という想定外の事態が印象に残ってしまいましたが、忙しい中、あれだけのレシピのプロデュースをしていただいたCL&SLには頭が下がります。またの企画を楽しみにしています。

バンダナ(会員No.347) 記

参加者・・・CLざわ(会員No.676)ほか計20名

《ミニ感想》

・前回のサンド例会に続き、今回も参加しました。この時期の緑は光りが映えると何とも言えないいい色あいがでますね。前日までの雨のせいで小川など水が増水して、ルート変更を余儀なくされましたが、水かさが増えたお陰のこの時期の六甲の水の冷たさを感じて良かったです。サンドも皆で色々楽しめました。計画して手配して下さった。CLさん、SLさん有難うございます。次ぎは酒類も持っていきましょうぞ。

(会員No.591)
・久々の例会参加、ましてや楽しみにしていたサンドイッチ例会です♪皆ザックに材料を分け持ちイザ出発。途中増水したまだ冷たい小川を裸足になって渡ったり、岩場では一人息あがりながらのハイキングでした。サンドイッチは35種類もの具材があり感激!とてもとても美味しかったです。ざわさんをはじめ用意をしてくださった皆様ありがとうございました。素敵な一日となりました。
(会員No.770)
・大勢の方が参加され賑やかなハイクでとても満足しました。 印象深かったのはやはりサンドウィッチのお昼ごはん。いっぱいの具の中でもタラモや海老フライ等々普段味わえないものも登場。どれからいこうか迷って大変でした。用意して下さった皆さんありがとうございました。
(会員No.782)

・ CLざわさんの『お昼時、あなたを迷わせます〜』の言葉どおり、皆さん具材選びに迷わされましたね!具材の組み合わせには個性が出ていて見ていると面白かったです(^^)たくさんの方にご参加いただいて、準備にもやりがいがありました。みんなの笑顔がいっぱいの楽しい楽しい1日になりました〜ありがとうございました。
(SL 会員No.755)

・ SLはじめ食材準備チ−ム、ありがとうございました〜。次々と自由な発想で食材が増え続けるのは嬉しかったです。膨大な食材を前に、参加者の皆さんがその組み合わせに迷う様、すごく嬉しかったです。一生で何回出来る?こんな贅沢なアウトドア・ランチ企画を支えてくださった皆さんに深く感謝です。それにしても、雨上がり後の超低山の小川って油断できませんね・・・登山&ハイキング暦多数にして、川を渡るのに靴をぬぐような光景見たり、経験したの初めてです! ちなみに最後、一人先行して偵察に行ったときに調べた渡渉箇所はそれまでの「足首or膝下まで川」どころか「膝上まで川」という恐ろしい状況でした・・・これで予定断念を決めました・・・。参加者の皆さんには恐縮ですが、いい勉強になりました。
(CL ざわ)


ラベル:2006年 ハイク
posted by Zen at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。