2010年09月26日

賤ヶ岳 2006年12月

賤ヶ岳・山本山例会   06.12.23(土)

CL:bandanaさん(no.347)  

参加者:えるまさん(no.758)・ざわさん(no.676)・Eさん(no.591)・makkoさん(no.679)・M(no.603)

コース:JR余呉駅⇒賤ヶ岳⇒山本山⇒JR河毛駅



祝!JR直流工事完成!ということで、賤ヶ岳例会に参加しました。18きっぷシーズン開幕で新快速は混雑しているのではないかなと予測していましたが、意外にも全員無事に着席することができました。bandanaリーダーが地図や観光ガイドのコピーを見せてくれたので、少しずつ賢くなっていきました。お天気チェックでは「晴れ」だったので安心して座っていたのですが、彦根あたりにくるとなんだか雲行きが怪しくなってきました。路面が濡れています。電車のワイパーも動いています。「え〜、雨?」って感じです。しまった。かさを忘れてしまった。

余呉駅に着いても降っています。仕方なく雨具を着用し出発です。まもなく賤ヶ岳への登りにさしかかりました。落ち葉と粘土質の登山道はぬるぬるです。慎重に歩いていくと、【○○(名前忘れた)奮戦の地】みたいな碑が見えました。山友会には歴史マニアが何人かいらっしゃるとのことでガイドしていただきたく思いました。

そうこうするうちに賤ヶ岳山頂に。リーダーの絶妙なペース配分・休憩の取り方、で予定通りの時刻での到着です。昼食用のテントを設営し、中に入りました。昼食後はティータイム。えるまさんが入れてくれたコーヒー(仕組みがよく分からない装置)、bandanaリーダーが持って来てくれたケーキをいただきました。テントから出てみると、なんと!視界が開けて余呉湖が見えました。いい眺めです。山頂部分の【すぐ近くにあるのにさっきまでは見えなかった東屋】・【激闘に疲れた兵士の像】・【合戦場所全体図看板】なども見え出しました。

 テントを撤収し、歩き再開です。細かいアップダウンが続きます。輝く琵琶湖が素敵です。そのうちに、砲声が聞こえてきました。え!400年の時を越えて合戦が始まったのか!とビックリしましたが、それは自衛隊の演習だそうで。山本山の山頂はさらに琵琶湖絶景ポイント。そこではざわさんにゆず茶を入れてもらいました。

体が温まったところで下山開始。急峻な山道を降りました。麓の集落に着くと、電車の時刻まで1時間強。距離は5kmほど。バスを待つより歩こう、ということで歩いていきました。いろんな話をしながら(びっくりした話もあったなあ)。地ビール前にのどを乾かしておくことも大切なことだし。振り返ると夕日が見えました。なかなか清々しい眺めでした。着々と駅に近づいて行きましたが、電車の時刻まであと10分という地点で、どうやら間に合いそうにないことが判明しました。走ったら間に合う。さあ、どうする?30秒ほどの思案の後、走ることになりました。がんばったおかげで5分前に駅に着きました。電車にも無事に乗れました。よかった〜。

その後、私は所用で行けませんでしたが皆さんは【長浜地ビール】を楽しまれたようです。1杯100円キャンペーン開催中だったということで。100円ビール、いい響きです。  文:M


【コースタイム】

余呉駅10:15→賤ケ岳11:45(昼食)12:45→360mピーク13:30→山本山15:15(小休止)15:35→登山口16:00→河毛駅16:40 ※登山口→河毛駅は小走り(?)


【ミニ感想】

★ えるま

史跡がたくさんあって歴史好きにはたまらないコースだったと思います。昼食時はMさんのテントのおかげで快適だったし、美味しいクリスマスケーキを食べることができて満足です♪雨上がりの湖がとても綺麗で神秘的でした!少し遠いですが、電車でのんびり行くのもいいなぁと思った例会でした。ありがとうございました。

★ makko

予想外の雨で、どうなることかと思いましたが、途中で雨が上がり、かえって幻想的な琵琶湖を眺めることが出来ました。ありがとうございました。やっぱり、雨具はもちろんですが、ザックカバーにスパッツはハイキングには必須ですね。気をつけます。

☆ ざわ

湖北の展望の山として有名で長らく行きたかった賤ケ岳、すごくよかったです。雨上がりの幻想的な雰囲気の中で余呉湖も琵琶湖湖北もはっきり見れて・・・。ハイキング開始直後こそ雨でしたが、おかげで中盤以降は逆にそれなりに景色を楽しめました。よく思いますが、雨上がり後ってすごくいいですね。

☆ E

JRの北陸直通の記念を兼ねて参加しました。当日は、CLを筆頭に、なぬしの域に入りつつある面々が参加してました。

そして、現地に着くまでに空がドンヨリし始め雨となりましたが、頂上で食事中に視界が晴れてきて非常に良かったです。感想はMさんが書いてくれる事に助かりました。

また、帰りの地ビールは期間サービスで安く、色々楽しめ満足しました。

☆ bandana(CL)

北琵琶湖の展望の山ということで、以前から気になっていた山域でしたが、新快速の延伸を機に企画してみました。参加していただいた皆様には、切符や飲み物やテントのご提供等をいただき、ありがとうございました。

アクセスはやや遠いですが(今回は18切符が使えてラッキーでした)、人が少ない割には、よく整備された歩きやすい道でした。また春や秋にどなたか企画していただければ、と思っています。
ラベル:2006年 登山
posted by Zen at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北アルプス 白馬岳  2006年7月

北ア 白馬岳
2006.7/28−30


《報告》
7/28夜〜7/29昼  天気:晴ときどき曇のち雨

【21:45】に梅田阪神百貨店前に今回のCLざわさん(No.676)、SL えるまさん(No.758)、ゴリさん(No.789)、Hさん(No.769)、Aさん(No.782)、初めてお会いするMuさん(No.553)、私(No.755)が集合。その後『オリックスレンタカ−』で手続きをしました。今回の車は『ハイエ−ス・グランドキャビン (10人乗り)』荷物もラクラク置けて座席も広くてとても快適(^^)・・・←CL注:5.38×1.88×2.29(m)・並の普通車を越えるサイズのワゴン車で、一度運転したかった特大「普通車」・・・。
【22:30頃】梅田を出発。途中でAさんのお友達でゲスト参加のKさんとTさんをひろい、ゴリさんとざわさんの交代運転で長野県に向かいました。途中で車を停車させ睡眠。お仕事で疲れているのにお二人とも運転ありがとうございました!
              
朝になり、車を停めていた場所で身支度を済ませ、車中で事前に準備してきた朝食を食べながら白馬駅に向かいました。去年と同じように保険に入るために駅前の『おじさんの店』に立ち寄りましたが、今年もおばさんが対応してくれることに疑問に思っていると…どうやらご主人は猿倉の登山口にいらっしゃるということ…保険は猿倉で入ることになりました。途中のコンビニでお昼ご飯等を購入し、車を帰りのゴンドラリフト降り場の『 栂池高原駅』近くの駐車場に停め、タクシー2台に分乗して猿倉へ向かいました。
【7:55】『猿倉』に到着。山岳保険に加入 。準備運動
【8:15】白馬岳村営頂上宿舎を目指し出発。緩やかな林道や樹林の中を進みます…今年は雪が多かったようで、白馬尻荘の手前ですでに残雪がありましたが、アイゼンなしで白馬尻に到着。ここでパラパラ雨が降り出しました!雨具着用&アイゼン装着
【9:50】すぐ先にある白馬尻小屋前の『おつかれさん!ようこそ大雪渓へ』と書いてある大石と記念撮影。しばらくはキヌガサソウ等の花が咲いている場所が続くので写真を撮りながら進み、ついに大雪渓へ。紅色の粉(?)の跡を進みます…始めは視界も良く、雪渓のずっと先には登山者が列になって歩いているのが見えました。雨は降ったり止んだりを繰り返し、次第にガスで雪渓の先を見上げても先が見えないほど視界は悪くなってしまいました。遠くから聞こえる「ガラガラ…」という落石かもしれない音に不安になりながらも足跡を踏みながら登ります。
【12:10】大雪渓が終わり『葱平』手前で休憩。ザックを探るとスナック菓子の袋がパンパンに膨らんでいました。 (無意味に袋と記念写真♪まだこの時は余裕がありました)
【12:35】『葱平』に再び出発。装着に手間取る為、アイゼンをつけたまま階段のような斜面を登ります。アイゼンは重くて足場が不安定になるので、雨も重なったこともあり非常に体力を消耗しました。お花が咲いていましたが、楽しむ余裕など私にはありません (>_<)小雪渓を横切るように上がると避難小屋があり、ここでやっとアイゼンを外しました。ここから頂上宿舎までは、地図でも《お花畑》となっていましたが、激しい雨で花をほとんど楽しむことなく(私だけですね…(^^;)?)急斜面を、ひたすら登りました。
【14:40】村営頂上宿舎に到着。
雨に降られ辛いのは小屋まで・・・参加者のみなさんが楽しい方ばかりだったのもあり、その後は最高のアルプスを満喫できました(^^)企画して下さったざわさんに参加者の皆さん本当にありがとうございました。続きは小屋での主役となるAさん、お願いします。      (Mo)

7/29昼〜夜  天気:雨のち曇

 山小屋の中は思いのほか人が少なく9人に対し16人分の一部屋を与えられ広々とした中でのんびりくつろぎました。やはり夏といっても山小屋の中は冬並に寒くストーブがフル活用されてました。
 そうこうしているうちにざわさん達がお湯を沸かしてくれてティータイムに。「バースデーケーキです」と大きなリュックからなんとケーキが登場。誰のことかと思いきや私の誕生日が近いのでわざわざ関西から運んで持ってきてくれたことにびっくり!山小屋で記念すべき〇〇才の誕生日を大勢の人にHappy Birthday to you〜・と歌ってもらえるとは思ってなかったので照れるけどうれしかったです。山で今まで食べたことがないくらいフワフワした食感の美味しいケーキを食べさせてくれたざわさん、作ってくれたケ−キ屋さん(No.464)に大感謝です。
 五時には大雪渓の風景をバックに夜ごはん。あまり期待していなかっただけに本物のステーキを食べれて大満足!しかも食後にざわさんの計らいで(グル−プ内に、誕生日近い人がいるんです♪、とだけ事前に連絡)、オーナーさんから誕生日ケーキとコーヒーが登場。又々照れるわ、おいしいわで大変でした!?
 サプライズだらけで皆さんの温かみに触れることができ疲れも吹っ飛びました。この場をお借りしてありがとうございました。
 日の入りは見逃してしまったけれどおいしい食事があってこそ山登りは楽めるのかもと感じる幸せな1日でした!?
 就寝はいつもよりずいぶん早い8時半。でもその日の疲れを表すかのように早くから部屋の中はいびきの合唱が出来上がってました(笑)
(A)

7/30 朝〜夜  天気:晴

昨日の雨はうそのように、今日はいい天気。
ご来光を見るため山小屋から少し高い尾根へ登るとだんだん空が白みはじめました。わー、出ちゃう、お日様が出ちゃう、と内心あせりながら足早に登ると、雲海の上にオレンジの丸い光が見え始めました。雲海に浮かぶ丸いオレンジはこの世のものとは思えないほどきれい。ご来光を見ると不思議とありがたーい気持ちになるもんだなぁ。拝みたくなっちゃいました。
朝食を済ませて6:00過ぎに出発。
尾根伝いに眼下の景色を見ながら歩きます。高低もあまりないし、景色もきれいで気持ちいい。昨日の苦労があるから、こんなご褒美がもらえたんですね。
しかし、そんな気楽な時間はつかの間、白馬大池山荘を過ぎると、例年にはあるはずのない雪渓が目の前に現れました。団体のオバサマたちを筆頭に、人の列が数珠繋ぎになって進みます。急な下り坂。すべったらコワイ〜。1歩1歩、前の人の足跡を踏みしめて歩きます。1時間くらいかかったんだろうか、雪渓を歩いた時間はとても長く感じました。   
雪渓を過ぎた後も試練は続きます。。下りの道が荒れてドロドロだったのです。今度は滑らないよう足元を確かめながら慎重に歩きます。足は疲れているせいか、ガクガクして力が入らない。長い長い道のりに感じました。ロープウェイの駅が見えたとき、あー、やっと終わりだー、バンザーイって思わず言葉が出ました。
今回は雪渓との戦いが印象深かったですが、素晴らしい景色も見れて、また山に登ろうという気持ちになりました。
(Mu)


《ミニ感想》
・初めてアルプス例会に参加させてもらいました。一日目は雨降りや、大雪渓での落石の心配もありましたが、山頂の山小屋に着いた時は達成感でいっぱいでした。山小屋でのケーキのサプライズや、夕食のディナーセットにも感動でした!翌朝のご来光は本当にきれいで思わず手を合わせていました。下山での雪渓や岩場では滑りまくりでしたが、みなさんに助けていただいて無事に下山する事ができました。ありがとうございます(^-^)標高3000メートルの世界は見るもの全てが壮大で感動でした!参加されたみなさま、3日間本当にありがとうございました!!
(H)

・1日目は雨に会いましたが、そのお陰でがらがらの小屋に泊まることが出来ました。2日目は天気が良く、綺麗な景色を堪能できました。去年、今年と剣岳を三回見ましたが、見る方向によって大分山の形が違うことに気付き、感動しました。また、冬の大雪のお陰で、去年に引き続き、帰りはバタバタで大変でしたね!
(ゴリ)

・「白馬に行ってみたい」という私の一言がきっかけで、ざわさんが白馬例会を企画し
てくれたのが3月下旬。まさかアルプスに“登る”なんて夢にも考えてなかったので
すが、体力・時間等に余裕があるのは今のうちだし、よい機会だから挑戦しよう。と
決意し、それからは白馬に向けて意識を変えて例会に参加するようにしました。そし
てむかえた当日。予想以上の急勾配と果てしなく続く大雪渓(←雑誌の写真と雰囲気
が違ってた・・・)で愕然としつつも、時折みえる可憐なお花畑や雪解けの滝(?)
に感動しながら登りました。そして、約3000mの山頂で待っていたのは美味しいケー
キ!!翌日にメンバーと一緒に見たご来光や大パノラマも目に焼きつくほど素晴らし
かったです☆
CLざわさん、事前の準備から色々ありがとうございました。また長距離運転してくだ
さいました運転手さん、楽しいメンバーの方々に感謝いたします。またアルプスに行
きましょう〜♪
(SL えるま)

・まずは白馬頂上宿舎、最高\(^o^)/♪ & 感謝感謝<(_ _)>・・! 9人に対して16人分の一部屋貸切(いくら宿泊客少な目とはいえハイシ−ズンの土曜では普通ありえない!)、山小屋とは思えないディナ−セットの存在(通常小屋泊料金+900円で、夕食を別室展望レストランでのサ−ロインステ−キ・セットに変更)、更にはそれへのケ−キセットサ−ビス! 山では想像できないような豪華な夕食タイムでした。朝4時半からの朝食実施も含め何かとこの山小屋は素晴らしく、超おすすめです。自炊室ないのだけが難点!?
 そして個人的に2度目にしてようやく恵まれた、白馬岳やその前後稜線歩きからのワイドな眺望、槍ヶ岳や日本海(?)まで望めてすばらしかった! こんなに眺めいいとは思わなかったので・・・。前日後半は雨の中登ってきたので、それだけに一層嬉しかったですね〜。
 それにしても昨冬豪雪の影響による栂池大雪渓(?)、大変でした。全員何とか無事に降りられてやれやれでしたが、残雪が多目の山域でのアルプス歩きでは多少の雪用装備(ストック・軽アイゼン)が非常用に携行必須と改めて感じました。ちなみに事前の懸念材料だった往路の大雪渓、雪渓規模・昼食時の天候・崩落現場通行なども問題なくクリアできました。数日前から現地到着直前まで悩み悩んでたのですが、当初予定通りのコ−スで行けてともかくも安全に到着でき、その点では、内心、実はすっごくホッとしてたのです・・・小屋到着後。
 アルプス例会、不安も苦労も疲労も(?)多いですが、それだけに楽しさや終わったあとの思い出・達成感はひとしおです。皆さんも、もっともっと参加or企画して下さいね!
 (CL ざわ)
ラベル:2006年 登山
posted by Zen at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年5月 青葉山例会

青葉山例会報告(5月13日)
                               報告者 ゴリ




今回のCLの花博士さんと伊豆の天城山を計画していたのですが、花博士さんが12日の土曜日に仕事が入ったため、13日に何か例会をすることにしました。12日に足立さんの六甲の例会があったため、それと違うタイプの例会にしようということになりました。そこで、私は関西の山の本を調べ、百里ヶ岳、綿向山、氷ノ山、青葉山を花博士さんに提案すると、花博士さんが氷ノ山と青葉山になり絞り、最終的に青葉山になりました。青葉山は、東峰と西峰があるにも関わらず、若狭富士と言われ、写真をみると凄く感じでした。
13日は梅田の中央郵便局に8時に集合でした。7時50分ぐらいに大阪駅をぶらぶらしていると早いのに立山黒部アルペンルートなどのツアー客で結構ごった返していました。立山黒部アルペンルートはシーズンだし、人気があるのだなと思いました。そして、郵便局の前に行ってみると、例会参加者のフレンドさん、ウォーターフォールフィールドさん、グッドバンブーさんと他の人とは離れたところに花博士さんがすでに来ていました。そして、すぐに花博士さんの車に乗車して出発。私はデカイので車の前です。高速に乗るまで少し迷いましたが、順調に向いました。車の中では夏のアルプスの話とか花博士さんが持っていた全国の秘湯??の本を見ながら、マニアな話に盛り上がりました。その時に花博士さんが今日の朝、8月の第1週に裏銀座から湯俣温泉に行く例会を出したと言っていました。温泉博士、行動も早いですね。その後、高速の西紀サービスエリアで休憩しました。観光バスがいっぱいで混んでいましたが、トイレに行っている間に何処かに行ってしまいした。このサービスエリアは、焼き立てパンの店があったので、男性陣はパンを購入、朝食べたのに車でみんな朝食タイムでした。高速を降り、花博士さんが昼食を買っていないというので、コンビニへ。花博士原さんはさっきパンを食べたのに、さらにちくわを食べていました。10時過ぎに迷いながら、地元の親切な方々に道を聞きながら、登山口へ到着。停めるところがなかったのですが、近くで農作業をしていた方々が親切に車を停める所を貸してくれました。歩き始めると5月だというのにめちゃめちゃ暑く、汗がだらだらで大変でした。さらに登山道に木が転がっていたりしてかわすのに一苦労でした。40分ぐらい歩いたら展望台に着きました。ここからは若狭湾や高浜が綺麗に見えました。海も透明で底まで見えます。そんな景色の綺麗さに下山したら海の幸だねと盛り上がりました。またしばらく歩くと、今度は大きな岩があってその上からは京都の山々が綺麗に見えました。さらに登り、12時ちょうどに東峰に到着。しかし、ここからはあまり景色が見えなかったので、景色が素晴らしいと言われる西峰を目指しました。西峰と東峰の間は、梯子、ロープなどありなかなかスリリングでした。また、登山道にはイカリソウ、終わりかけのイワカガミが咲いており、花博士の花講座を聞くことが出来ました。そして、12時半に東峰に到着しました。ここからの眺めは素晴らしく京都の山々、さらに若狭湾の入り江が見えました。

07-05-13_12-29~00.jpg

特に若狭湾の方は青葉山が海のそばにあるためか凄く良かったです。すごく綺麗だったので、またまた下山したら海の幸を食べようと盛り上がりました。西峰で昼食を取り食べましたが、その時、花博士さんは登山前のちくわに続いて揚げ天を食べており、水筒にはアルコールが入っていそうな感じでした。1時ぐらいに下山を開始し、2時くらいには登山口の近くに着いたのですが、縦走してきたので車まで戻らないといけません。ワイルドな藤原さんはどんどん適当に進みます。適当に歩いていると意外にスムーズに車のところまで戻ることが出来ました。

07-05-13_14-28.jpg

その後、温泉に入るため、舞鶴を目指しました。途中、たまたま海上自衛隊の基地の前を通ると、戦艦が何隻も泊っていたので皆さんそれを見て感動していました。そして、しばらくマニアックな戦艦話に花を咲かせました。そうこうしているうちに温泉に着いたのですが、なんとその温泉は美人の湯でした。皆さん、名前に惹かれていました。入浴後、肌がツルツルになったのですが、フレンドさんとウォータフォールフィールドさんはあと1時間必要や〜とか言っていました。
車に乗り、大阪駅に向けて、出発したのですが、高速に2回に乗り損ない、一般道で帰りました。途中、道の駅、夕食を食べるためにサンゼリア寄り、大阪駅に帰りました。サンゼリアでは例会報告じゃんけんをしたのですが、一瞬で負けてしまい、ただいま例会報告を書いています。やっと終わりです。皆さんお疲れ様でした。
ラベル:2007年 登山
posted by Zen at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。